【大相撲】「角番(かどばん)」とは?意味や由来について

「角番」は、大相撲のTV解説などでもよく耳にする言葉ですが、意味そのものについて知らない方は多いです。特に大相撲を見始めた初心者にとっては、気になってしょうがない言葉の1つといえるでしょう。

当記事では、知っているようで知らない「角番」の意味、さらに言葉の由来について詳しく解説しています。気になる方は、どうぞ寄ってってください!

「角番」とは?

角番(かどばん)とは、本場所を負け越して、その翌場所を迎える大関のことを示した一種の呼び名です。「角番大関」と呼ぶことも。

また、角番で負け越すと、大関の地位を陥落してしまい次場所は関脇として迎えることになってしまいます。仮に角番で勝ち越して、その危機を逃れると「角番を脱する」といった表現がよく用いられます。

角番は大関の地位を失うか否かの瀬戸際。決してよい意味で用いられることがないことは、すぐに分かるはずです。

ちなみに相撲の他にも囲碁・将棋の世界で、連番勝負で負けが決まってしまう局面を迎えてしまった相手に対して角番といった表現が用いられます。例えば5番勝負で2番失った人は角番となります。

大関についてより詳しく知りたい方は以下記事をどうぞ。

記事:【大相撲】大関昇進・返り咲きの条件を徹底解説!降格についても

「角番」の由来

「角番」の由来は、いつくかの諸説があり、はっきりとしていないのが実際のところです。所説には、角に追いやられてピンチを迎える、その昔に大関が次の場所で負け越すと陥落するという注釈が番付の角につけられていたなどがあげられます。

いずれにせよ、「角」の直接的な意味合いが関係するのは間違いなさそうです。

ちなみに大相撲の世界を称して「角界」という言葉がありますが、この「角界」の「角」の意味は、「角番」とは全く別物です。気になる方は、以下記事をご覧ください。

記事:「角界」とは?言葉の意味や由来について

総括

「角番」とは、本場所で負け越して、その翌場所を迎える大関のこと。

「角番」の由来は、角に追いやられてピンチを迎える、その昔に大関が次の場所で負け越すと陥落するという注釈が番付の角につけられていたなど諸説ある。