大相撲の本|鶴竜も追加『横綱』文庫化!歴代横綱インタビュー

2019年4月14日

 今年2017年に入って『横綱』が文庫されてリニューアル出版されています。以前の内容に加え、新たに鶴竜のインタビューも追加されました。『横綱』は、歴代の横綱たちの当時の心境を肉声で語っている貴重な資料でもありますので、相撲ファンなら読んで損をすることは絶対にないはずです!横綱とは何か?知りたい人は是非『横綱』を手に取ってみて下さい!

鶴竜追加『横綱』とは?

 元々『横綱』は、2013年5月に講談社より出版されていましたが、2017年1月13日に講談社文庫としてリニューアル出版されました。文庫化されたことで『横綱』がより手軽に読めるようになっています。
 その内容も新たに鶴竜のインタビューが加えられ、総勢22名(第49代横綱・栃ノ海から第71代横綱・鶴竜まで)横綱の肉声がインタビューを通して載せられています。
 総勢22名横綱のため、全横綱のインタビューが掲載されているわけではないので、そこはご注意下さい。
 『横綱』は横綱たちの有名なエピソードはもちろん、今まで知ることがなかった横綱のその素顔も垣間見える作品となっています。
 筆者も鶴竜のインタビューをチラッと見えましたが、鶴竜は自身の生い立ちから語っており、そのルーツが伺えます。
 『横綱』(税別842円)絶賛発売中です!