期待のホープ!炎鵬は超イケメン力士!白鵬からも太鼓判


炎鵬は筆者イチオシの小兵力士です。今後の角界を担う存在といっても決して過言ではありません。さらに炎鵬はイケメンで、スー女も黙っていないでしょう。今後の活躍が楽しみな炎鵬に興味のある方はどうぞ寄ってください。

炎鵬は超イケメン


遠藤や勢のように角界にはいわゆるイケメン力士と呼ばれる力士が何名かいますが、炎鵬もその一人です。筆者も炎鵬を一目見てイケメンだ!とすぐ思いました。

また、兄弟子である白鵬も小兵かつイケメンである炎鵬に対して「イケメンだから人気が出る」とそのイケメンぶりを認めていています。筆者も白鵬の言うように、このまま順調に勝ち続ければまず間違いなく人気力士になると思っています。というか既に人気力士です。

当然ながら、女性ファンが多いのも十分に予想できます。最近では炎鵬がかわいいとの声もチラホラ。

炎鵬が今後角界イケメン力士の代表と言われるその日まで、楽しみにして待ちましょう。

白鵬のスカウトで入門!四股名も命名

炎鵬は金沢学院大学を卒業後、スカウトにより入門した力士です。そして、そのスカウトをしたのが何を隠そうあの白鵬です。

白鵬といえば、これまでにも数々の記録を打ち立て、大相撲の歴史にその名を刻んだ大横綱。おそらく今の日本人で知らない人はいないでしょう。近年では、力の衰えを指摘されていますが、それでもまだまだ第一線で大いに活躍しています。

そんな大横綱からの直々のスカウト、注目されないわけがありません。ただ炎鵬は学生時代に世界大会の軽量級を連覇するなど、計10個のタイトルを獲得した十分な実績を残しています。これを考えると白鵬からスカウトを受けても何ら不思議でないように思えます。
また、炎鵬という四股名も白鵬が命名しています。

白鵬曰く、「上にいくと身体の差がある。そこを勝ち抜いていくために気持ちで負けないで、常に燃えていくこと。それで炎鵬にしました。」とのことです。

炎鵬には、“炎”のように燃える熱い取組を期待しましょう!

21連勝で一躍有名に

鳴り物入りで角界入りした炎鵬は、初土俵から破竹の快進撃を繰り広げ、21連勝という脅威の連勝記録を打ち立てました。

この連勝記録はメディアもこぞって取り上げ、炎鵬は一躍有名になりました。炎鵬の名をこのとき初めて耳にしたという方も多いでしょう。

ちなみに22連勝がかかった2017年1月場所1番目の取組では、皮肉にも序の口からの最高連勝記録「27」を持つ常幸龍に破れ、連勝がストップしています。

惜しくも連勝記録更新とはならなかったものの、その素質を十分に見せつけたかたちになったといえるでしょう。また、2018年1月場所には4勝3敗の勝ち越しを決め、史上最速タイ記録となる所要6場所での十両への出世を果たしています。

炎鵬の勢いはどこまで続くのか見ものです!

総括

炎鵬はその実績もさることながら今後が非常に楽しみの力士の1人です。白鵬という偉大な兄弟子もいるので、技術を盗めるだけ盗んで自分のものに吸収してもらいたいです。そうすることで、かなりスケールの大きな力士になりそうです。雰囲気もあります。順調に行けば大関も狙える器だと思っています!

ただ身長がどうしてもネックになりそうなので、如何にその面を克服するかが今後の課題です。

ちなみに兄弟子には石浦もいます。念のため…。

コメント