三役とは?これより三役?三役揃い踏み?|大相撲豆知識


 大相撲のTV中継などで「三役」という言葉をよく耳にするはずです。さらに千秋楽では、「これより三役」、「三役揃い踏み」といったフレーズも出てきます。「三役」とはいうものの少し意味合いが異なりますので、知らない人は是非ともここで知っておきましょう!

三役とは?

 昔から大相撲では、大関、関脇、小結の幕内上位の三つ階級を指して「三役」と呼んでいます。番付最高位である横綱は、後からできたため三役には含まれていません。

 つまり「三役」とは、番付のある階級をまとめた言葉なのです。

 ですから「ついに~が三役に入りました」とは、ある力士が大関、関脇、小結いずれかの地位についたことを意味します。(現在だと大関一つを指して三役と呼ぶことは滅多にないので、この場合だと小結と関脇を指す場合がほとんど。)

 基本、三役は先の大関、関脇、小結を指して用いられますが、例外として横綱が含めれる場合があります。それがTV中継などで千秋楽に目にする「これより三役」、「三役揃い踏み」といったフレーズです。

「これより三役」

 大相撲では、千秋楽結びの3番を「これより三役」と呼んでいます。

 横綱がまだなかった時代、千秋楽結びの3番は、小結、関脇、大関、それぞれ東西同士の取組が慣例となっており、「これより三役」は文字通り三役の力士たちだけで争われていました。

 ですが、現在の千秋楽結びの3番だと、三役ではない横綱もまず間違いなく含まれています。

 ゆえに「これより三役」といわれたら、昔とは異なり横綱を含めて用いられる場合がほとんどで、そのまま千秋楽結びの3番を意味します。

三役揃い踏み

 「三役揃い踏み」とは、「これより三役」の取組が始まる前に土俵で行われる一つの儀式です。「三役揃い踏み」には、「これより三役」の取組に出る力士、東西それぞれ3人ずつが行います。

 「三役揃い踏み」では、東の力士ら3人が初め土俵に上がり、前2人、後ろ1人とちょうど扇形になって四股を踏むなどの一連の所作を行います。それを終えたら、次に西の力士ら3人が同様の所作を行います。

 先の通り、「これより三役」には横綱も含まれていることから、当然、「三役揃い踏み」もまた横綱を含めて行われます。


コメント