行司の短刀は飾りじゃない!?|大相撲豆知識


 大相撲の取組で行司が短刀(脇差)を身に付けているのを目にしたことがあると思います。あれは単にカッコイイから身に付けているのではなく、ちゃんとした意味があるのです。その短刀の意味についてここで説明しているので、興味を持たれた方は、どうぞ寄ってって下さい。

立行司だけが短刀を身に付けられる!

 まず、全ての行司が皆、短刀を身に付けられるわけではありません。行司にも力士の番付と等しく階級があり、その最高位である立行司だけが腰に短刀を身に付つけることが出来るのです。

 立行司とは、結びの一番を裁き、その扱いも横綱や協会幹部と同格です。

 また、最高位の立行司は、横綱と異なり2人までしかなれません。したがって短刀を身に付けられる行司も2人までなのです。

 さらに立行司には代々引き継がれている名前もあり、相撲ファンならお馴染みの「木村庄之助」、「式守伊之助」がそれにあたります。ちなみに「木村庄之助」が番付でいう東に位置するので、西の「式守伊之助」よりも地位が一つ上です。

短刀の意味

 行司の短刀は、「脇差」とも呼ばれており、もし差し違いをした場合には、切腹する覚悟を示したものとなっています。

 行司は江戸時代から脇差を身に付けていますが、現在までに実際に脇差を使って切腹した例はもちろんありません。ただ、それほどのまでの覚悟を持って臨んでいたことが伺えます。

 ちなみに現在において、立行司が差し違いをしてしまったら、協会に進退伺いを提出することが慣例になっています。あくまで形式だけのものですが。

 このように行司の短刀は、ただの飾りではなくちゃんとした意味があります。こうした細かいところにも目を向けてみるのもまた一興かもしれません。


コメント